不倫の約束の使い方とは何か

不倫相手とは約束をあらかじめ決めておく、これが不倫をするときに実際にトラブルなどに発展しないために必要なことです。
不倫相手との約束を作るのは、不倫がバレないようにするためにも確かに必要なことでもあるのですがそれと同時に不倫という関係性を円滑に進めるためにも必要なことなのです。

不倫の関係を拗れさせないための約束

不倫や浮気における約束を不倫相手とする、ということは不倫の付き合い方にかかわらず、しておくにこしたことはありません。
恋愛の不倫でも、割り切り関係の不倫でも約束事をしておくことでお互いに面倒な関係にならないようにすることができるのです。
例えば、お互いの干渉度合いなんかは特に約束で最初に決めておかなくてはいけません。
つまり、不倫という関係を楽しんでいる間以外のプライベートで、どこまで踏み込んだ付き合い方をするのかということです。
連絡の取り方にも関わってきますからね。

どんな約束をしておくのがいいか

不倫関係においては、特に約束の内容についても色々と吟味しなくてはいけないことがありますね。
というのも不倫関係で、割り切り関係であればある程度は距離を置いた付き合い方をしていても特に何も言われることはないのですが、もしもこれが恋愛関係の不倫となった場合は、あまり距離を置きすぎると相手に冷たいと思われて愛想を尽かされることもあります。
なので、絶妙な約束の安全度と相手が恋愛を楽しめるだけのバランスをとる必要があるのです。
なので、会っている時は思い切り恋愛を楽しみ、外では二人だけの秘密とにしておくと盛り上がりを維持したまま、安全に警戒することができるかと思います。
こういった約束は、不倫関係を円滑に進めることはもちろんなのですが、熱をそのまま保っておくということも使いようによっては可能なのです。
不倫の約束は、こじれないためはもちろんお互いの気持ちをより盛り上げることもできるということなのですね。

Comments are disabled

© 2017 不倫相手と決めておきたいお付き合いの決まりごと