不倫の約束をしないとどうなってしまうか

不倫をするならば、不倫相手との約束をするというのはいろんな意味で不可欠なことです。
付き合い方の約束などは勿論、お互いのルールなどを明確に決めておかないと、なあなあで不倫をやっているといずれボロがでてばれてしまいますからね。
浮気や不倫がばれないようにするには、割り切り関係に拘るという物ではなく、不倫していることが外に漏れ出ないような工夫が必要なのです。

不倫をするときに約束をしないと

事前に、こういうふうに付き合っていこうと約束をしないと、不倫というのはどちらからもストップをかけにくい物なのです。
お互いに恋愛に燃え上がっていますし、むしろ危険なことなどをスリルとして味わいたがるために、片方があるいはお互いがリスキーなことを進んでやり始めると、かなり危険な兆候です。
このくらいは大丈夫だろう、という甘い認識で不倫を楽しもうとするんですね。
そして、それが結果的に不倫に感づかれてしまうキッカケになってしまうのです。

不倫の付き合い方に約束をしない失敗例

仮に約束しないとどういうことになるというか、という実例を交えて説明しましょう。
例えば、お互いに約束をしないと、不倫をするために会っていない時のプライベートの時間でも連絡を頻繁に取り合ったりしますからね。
頻繁な連絡の形跡が残ってしまいますし、家にいる時やたら携帯電話を手放さない、或いはいつも誰かと連絡を取り合うような風に行動が変わってしまうとやはり感づかれやすいです。

干渉しすぎない約束は絶対に必要

干渉、つまりお互いの恋愛にのめりこみすぎると、相手のプライベートに踏み込んでしまいますよね。
そうなってしまうと、ちょっと不倫をしている相手の家族に不倫をにおわせるようなことをしてしまったり、あえて危険を冒すようなことをしだしたりする人も結構いるのです。
そうなってくると、本人はそのリスクに酔っている人なんかは危険を度外視した行動を取り始めるので、必ず約束をして不倫をするようにしましょう。

Comments are disabled

© 2017 不倫相手と決めておきたいお付き合いの決まりごと